オムロンvsタニタ体重計訴訟 ド肝抜く「1億円判決」のなぜ?

公開日:  更新日:

 体重計業界2トップのバトルはドロ沼化の様相だ。類似デザインの体重計を売り出され、意匠権を侵害されたとしてオムロンヘルスケアがタニタを訴えた裁判。東京地裁は26日、タニタになんと約1億2900万円の高額支払いを命じた。

 問題の商品は、タニタが2012年10月から1年間販売した「FitScan FS─100」。オムロンが11年9月に発売した「Karada Scan214」など2商品と酷似していた。オムロンは12年11月に製造・販売差し止めと損害賠償600万円の支払いを求めて提訴していた。オムロンが裁判過程で請求額を引き上げた背景があるとはいえ、判決がここまで高額になったのはなぜなのか。意匠権に詳しい弁護士の鈴木崇裕氏はこう言う。

「意匠権侵害を争う訴訟で1億円超えは珍しいケースです。賠償額はどれほど似ているかで決まるのではなく、侵害行為により発生した損害額から算定されます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る