SMバーも…岸参院予算委員長が政治資金で“夜のクラブ活動”

公開日: 更新日:

 昨年10月の宮沢経産相に続き、今度は参院予算委員長に「SMバー」問題が飛び出した。閣僚から首相まで、「政治とカネ」できしみ始めた安倍政権にとっては“痛いムチ”だ。

 自民党の岸宏一参院予算委員長(74)の資金管理団体「高志会」の政治資金収支報告書によると、13年5月17日、東京・六本木のSMバーに会合費名目で政治活動費3万5500円を支出。

 岸事務所はテレビ局の取材に「議員本人ではなく、秘書が支援者と行った」「普通のバーで問題はない」などと答えていたが、そのSMバーのホームページを見る限り、到底、普通のバーとは思えない。

「男性は1時間1万円、女性はフリータイム2000円で、“同好の士”が集まるサロンといった雰囲気です。ショー中心のハードな店ではありませんが、女性客は無料でSMのコスプレができるし、時には客が縛られるなんてハプニングも起きる。政治活動にふさわしい店とは……」(風俗ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  6. 6

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  9. 9

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  10. 10

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

もっと見る