復興費6億円で…無人偵察機の「大破」を防衛省が隠したワケ

公開日: 更新日:

 陸上自衛隊が無人偵察機「スキャン・イーグル」の事故を4カ月も“隠蔽”していた。昨年11月に大分県の演習場で試験飛行中にトラブルで緊急着陸、大破していたのに、一部メディアがスッパ抜くまで事故を公表してこなかったのだ。

 防衛省は「あくまで機体の損傷で演習場内に着陸させたもので、事故ではないと判断したため公表しなかった」(広報課)と弁明したが、昨年5月にも陸自が導入した国産の無人偵察機が墜落している。トラブル続きで、いつ対人事故が起きてもおかしくない。

 スキャン・イーグルは米ボーイング社製で、全長約1・3メートルと小型だが、高度数千メートルから撮影した画像を電送することができるという。今回の不時着機は、2011年度第3次補正予算、つまり復興予算で購入していた。防衛省によると、1機約3億3000万円で、計2機購入したという。ラジコンのような機体にしてはベラボーな金額だが、復興費を充てたことについては「原子力災害の教訓を踏まえ、有人装備では対処困難な状況の生起が予想される原子力災害や火山噴火災害等に対処するため」(広報課=前出)と説明する。こんなポンコツが、果たして復興に役立つのか疑問だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る