新薬の患者負担増額へ 庶民は「ジェネリック薬」しかないのか

公開日:  更新日:

 格差が「健康」にまで及んできた。庶民には価格の安い「ジェネリック薬」(後発薬)を服用させようと、政府がシャカリキになっている。患者がジェネリックよりも価格が高い特許切れの新薬を選ぶ場合、負担額が増える仕組みを検討しているのだ。

 富裕層は負担が増えても新薬を選ぶだろうが、負担が重くなったら、カネのない庶民はジェネリックを選ぶしかなくなる。

 すでに厚労省は4月、生活保護受給者への薬の処方に関し、ジェネリックの比率を現在の61%から75%に引き上げる通知を各自治体に出している。医療費を抑える狙いがあるようだが、要するに、庶民は安いクスリで我慢しろというわけだ。

 ジェネリックは「先発医薬品」の特許が切れた後に出てくる薬。新薬をマネして作られる。価格が安い上、一応、効き目や安全性は先発医薬品と同等とされるが、一部ではキケン性を指摘する声もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る