• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新薬の患者負担増額へ 庶民は「ジェネリック薬」しかないのか

 格差が「健康」にまで及んできた。庶民には価格の安い「ジェネリック薬」(後発薬)を服用させようと、政府がシャカリキになっている。患者がジェネリックよりも価格が高い特許切れの新薬を選ぶ場合、負担額が増える仕組みを検討しているのだ。

 富裕層は負担が増えても新薬を選ぶだろうが、負担が重くなったら、カネのない庶民はジェネリックを選ぶしかなくなる。

 すでに厚労省は4月、生活保護受給者への薬の処方に関し、ジェネリックの比率を現在の61%から75%に引き上げる通知を各自治体に出している。医療費を抑える狙いがあるようだが、要するに、庶民は安いクスリで我慢しろというわけだ。

 ジェネリックは「先発医薬品」の特許が切れた後に出てくる薬。新薬をマネして作られる。価格が安い上、一応、効き目や安全性は先発医薬品と同等とされるが、一部ではキケン性を指摘する声もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る