「値段はゼネコンが決める」石原慎太郎氏が新国立で放言三昧

公開日:  更新日:

 元東京都知事の石原慎太郎氏(82)が、12日出演したフジテレビの番組で、またワケの分からない発言を連発した。

 新国立競技場の建設費が2520億円という巨額に膨らんでいることについて、「安藤さんの責任ではない」とデザインの採用を決めた審査委員会で委員長を務めた建築家の安藤忠雄氏(73)を擁護。

「いくらかかるかは、ゼネコンが決めること。彼の責任じゃない」「五輪のメーン会場はいいものでないといけないと、ああいう奇矯なデザインになった」「建築家はコストのことはあまり考えないと思う」と、勝手な持論を強調。

 さらに、「いまの担当大臣は小物すぎる」と、下村博文文科相(61)と遠藤利明五輪相(65)をバッサリ。

 また、東京五輪の財源確保について独自案を展開。「都民以外の通勤者に、1人当たり月1000円払ってもらう。そうすれば、年間約600億円が入るんですよ」と東京都による新税導入を提案した。

 しかし、新税導入は、現実性はゼロに近い。そもそも、東京都が500億円を支出するかどうかで国と揉めているのは、大会組織委の森喜朗会長と当時、都知事だった石原氏が密約をかわしたからだとされている。2人の間で密約があったのかどうか、ハッキリさせる方が先だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る