日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

野党時代は「法律守れ!」と絶叫…礒崎首相補佐官の“二枚舌”

 更迭や辞任で「幕引き」とはならない。3日午後、参院の安保法案の特別委員会に参考人招致された礒崎陽輔首相補佐官。よりによって首相側近の安保法制担当者が、「法的安定性は関係ない」と公言したのだ。それだけでアウトだが、一方でこの男は、野党時代に民主党政権に対し「法律を守れ」と叫んでいたのだからトンデモない二枚舌である。

「発言は看過できない」「彼はこういう発言を繰り返しており、言語道断だ」「自ら辞めるべき重大問題だ」――。

 2日のNHK「日曜討論」。出席した国会議員は与野党を問わず、礒崎発言を批判した。とりわけ、カンカンだったのが公明党だ。荒木清寛参院政審会長は「看過できない発言だ。陳謝と発言取り消しは当然だ」と怒りを隠せない表情だった。

「そりゃあそうですよ。公明党は支持母体の創価学会に『法的安定性は保持されている』と説明し、集団的自衛権の行使容認に理解を求めてきた。それが政権の安保法制担当者が『そんなの関係ねぇ』ですからね。タダでさえ公明党は、安保法案反対デモに学会の三色旗が目立つようになってピリピリしている。礒崎発言でこうした動きが拡大するのではないかと危機感を募らせているのです」(学会ウオッチャー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事