• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小沢一郎
著者のコラム一覧
小沢一郎「生活の党と山本太郎と仲間たち」代表

1942年5月24日、岩手県奥州市(旧水沢市)生まれ。慶大卒。日大院中退。69年衆院初当選(以降16期連続当選・岩手4区)。自治大臣、自民党幹事長、新進党党首、自由党党首、民主党代表などを歴任。55年体制を崩壊させた細川連立政権の樹立や、09年の民主党による政権交代の立役者である。93年刊行の著書「日本改造計画」はベストセラー。他に「剛腕維新」「小沢主義 志を持て、日本人」など。

<第7回>戦後70年談話は「言葉」だけの問題ではない

 安倍総理が戦後70年の談話を14日、閣議決定するという。内容については、村山内閣や小泉内閣の談話を引き継ぐと伝えられているものの、そのまま素直に認めるとか認めないとか、さまざまな情報が錯綜した。戦争とその歴史的事実、戦後体制について、安倍総理の考え方が明確でないため、取り巻きなどの意見に右往左往しているからだろう。

 何度も申し上げているが、歴史認識については、総理自身がきちんと自らの考え方を示すべきである。もし、戦前の体制や戦争そのものを肯定的に捉えており、ポツダム宣言や極東軍事裁判、ひいてはサンフランシスコ講和条約の基本的な考え方と相いれないというのであれば、きちんと自分の言葉にして、国民に問いかければいい。本音を言うと、国民だけでなく国際世論の反発を招くから、曖昧にしてごまかそうとするのは、自らの保身でしかなく、一国の総理が取るべき態度ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  6. 6

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  7. 7

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  8. 8

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る