小沢一郎
著者のコラム一覧
小沢一郎「生活の党と山本太郎と仲間たち」代表

1942年5月24日、岩手県奥州市(旧水沢市)生まれ。慶大卒。日大院中退。69年衆院初当選(以降16期連続当選・岩手4区)。自治大臣、自民党幹事長、新進党党首、自由党党首、民主党代表などを歴任。55年体制を崩壊させた細川連立政権の樹立や、09年の民主党による政権交代の立役者である。93年刊行の著書「日本改造計画」はベストセラー。他に「剛腕維新」「小沢主義 志を持て、日本人」など。

<第8回>野党5党の代表共同会見は大きな意味があった

公開日: 更新日:

 安倍総理の戦後70年談話は予想通り、意味不明の曖昧な内容だった。内閣の談話にも総理自身の談話にもなっていなかった。歴代内閣が既に十分おわびしている、子孫にはおわびをさせたくないと言っているが、では一体、安倍総理自身はどう考えているのか、安倍総理はおわびするつもりがあるのか。そうした自分の主張が全くなかった。

 曖昧にせざるを得なかったのはなぜか。もちろん総理自身の心情もあるだろうが、もうひとつには、安倍さんが再び総理になれたのは、その是非は別として、取り巻きの右寄りの人たちの支援が、うまく時流に乗ったからで、そうした取り巻きへの配慮もあり、明確に言えないんだろう。

 それにしても談話に「日露戦争」が出てくるとは思わなかったね。西洋の帝国主義の時代だから、一方的に批判することはできないが、それでも戦後70年にあたって、あえて日露戦争を取り上げ、「アジアやアフリカを勇気づけた」などと言うとは、驚くほかない。日露戦争を是とするのなら、太平洋戦争も是だったと考えているのか。70年談話については安保法案の審議でも取り上げられているが、こういう歴史や戦後体制についての安倍総理の認識について、もっと参議院で深く追及すべきである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  5. 5

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  6. 6

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  7. 7

    “瀬戸大也にモラル”は八百屋に魚 味の素CM削除は自業自得

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    8月の自殺者が15%増 コロナで踏ん張るも“心が折れた”恐れ

もっと見る