小沢一郎
著者のコラム一覧
小沢一郎「生活の党と山本太郎と仲間たち」代表

1942年5月24日、岩手県奥州市(旧水沢市)生まれ。慶大卒。日大院中退。69年衆院初当選(以降16期連続当選・岩手4区)。自治大臣、自民党幹事長、新進党党首、自由党党首、民主党代表などを歴任。55年体制を崩壊させた細川連立政権の樹立や、09年の民主党による政権交代の立役者である。93年刊行の著書「日本改造計画」はベストセラー。他に「剛腕維新」「小沢主義 志を持て、日本人」など。

<第8回>野党5党の代表共同会見は大きな意味があった

公開日:  更新日:

 安倍総理の戦後70年談話は予想通り、意味不明の曖昧な内容だった。内閣の談話にも総理自身の談話にもなっていなかった。歴代内閣が既に十分おわびしている、子孫にはおわびをさせたくないと言っているが、では一体、安倍総理自身はどう考えているのか、安倍総理はおわびするつもりがあるのか。そうした自分の主張が全くなかった。

 曖昧にせざるを得なかったのはなぜか。もちろん総理自身の心情もあるだろうが、もうひとつには、安倍さんが再び総理になれたのは、その是非は別として、取り巻きの右寄りの人たちの支援が、うまく時流に乗ったからで、そうした取り巻きへの配慮もあり、明確に言えないんだろう。

 それにしても談話に「日露戦争」が出てくるとは思わなかったね。西洋の帝国主義の時代だから、一方的に批判することはできないが、それでも戦後70年にあたって、あえて日露戦争を取り上げ、「アジアやアフリカを勇気づけた」などと言うとは、驚くほかない。日露戦争を是とするのなら、太平洋戦争も是だったと考えているのか。70年談話については安保法案の審議でも取り上げられているが、こういう歴史や戦後体制についての安倍総理の認識について、もっと参議院で深く追及すべきである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る