五輪エンブレム問題で上から目線 武藤敏郎事務総長の“素性”

公開日: 更新日:

 エンブレム問題の会見では終始、“上から目線”で話し、決して悪びれることはなかった。その態度に不快感を抱いた人も多かった。

「武藤氏は“官僚”というよりも“政治家”に近い。『自分が悪い』とは決して言わず、ドーンと構えている印象です。すぐに頭を下げたり、弱みを見せることもしない。森元首相と並べば、“こわもてツートップ”です。スポンサーは文句があっても、怖くて何も言えないのではないでしょうか」(小林佳樹氏)

 周囲がビビッてモノを言えない状況で、まともな選考などできやしない。問題をここまでひっぱった武藤氏もクビにしたほうが、「国民の理解」を得られる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る