• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

国民そっちのけ 「安倍官邸vs財務省」消費税も権力闘争の具に

 国民をバカにするのもいいかげんにしろ、だ。

 麻生太郎財務相は15日の記者会見で、マイナンバーを使った消費税10%への引き上げ時の還付金制度について「財務省がこの案をぜひやってくださいと頼んだことは一度もない。我々としてはこだわるつもりは全くない」と述べ、「気に入らないのであれば、自分たち(与党)で考えればいい」と居直ったのだ。

 アチコチから袋叩きの財務省案は、増税するくせに面倒を全て国民に押し付けるものだ。しかも買い物情報も吸い上げられる。業者の売り上げも裸にされる。だからこそ猛反対を食らっているのに、今度は財務省と与党の責任のなすりつけ合いだからア然である。

「この背景にあるのは安倍官邸と麻生・財務省の対立です。財務省は軽減税率を何としても阻止したいため、野田毅税調会長らに根回しして、今度の還付制度を出してきた。安倍官邸には消費税10%を見送られているので、今度は好き勝手させないつもりで動いた。しかし、安倍官邸はこうした“官僚主導”が面白くないのです。自分たちが国を動かしているつもりになっている財務省と、独裁者気取りの官邸が折り合うわけがありません」(官邸事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る