日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

下着ドロ高木大臣 政治資金で「派遣コンパニオン」呼んでいた

 下着ドロ疑惑の高木毅復興大臣に気になる支出が見つかった。本紙は福井県選挙管理委員会に高木大臣の政治関連団体の収支報告書に添付された領収書の写しを情報公開請求。その中にコンパニオン派遣会社の領収書があったのだ。

 領収書の日付は今から4年前の2011年1月29日で、宛名は「高木つよし敦賀後援会」。金額は5万7750円で、「組織活動費」として支出されている。この領収書を見過ごせないのは理由がある。発行したのが福井市にある「福井レディスコンパニオン」という会社だからだ。

 この1月29日は高木大臣が福井県丹生郡越前町にある劔神社の参集殿で国政報告会を開いた日。報告会が終わったあと、コンパニオンを呼んで楽しく遊んだのだろうか。地元関係者が言う。

「福井のコンパニオン業者には、客の注文を受けてナースやセーラー服のコスプレで女の子を派遣するところもあります。あわら温泉の旅館などが客の依頼を受けて業者に電話するシステムです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事