【オトコ社会のオンナたち】管理職に進出する女性は増えたが、かえってプレッシャーも強まっている。

公開日:  更新日:

「なぜ女は男のように自信をもてないのか」キャティー・ケイ&クレア・シップマン著 田坂苑子訳

 管理職に進出する女性たちが増えて逆に明らかになったこと。それは「依然として女たちは男社会の中でサバイバルしている」ということだ。著者2人はアメリカのTVニュースで活躍する放送ジャーナリスト。ヒラリー・クリントンらエリート女性たちに直接インタビューした経験もある。本書はそんな経験をふまえて書かれた“女性のためのキャリア論”。

 本書によると、世界的な知名度を持つエリート女性ですら「自分を低く評価する」癖が抜けないという。たとえばIMFのラガルド専務理事といえば銀髪が印象的なフランス女性だが、母国の法律事務所では「絶対に共同経営者になれない」といわれて渡米。そこでキャリアを磨いたが、いまだに男たちばかりの会議に出るために「すべてのことを準備しすぎる」ほどのプレッシャーを感じるという。その大変さを心からわかちあった相手は? という質問の答えが「アンゲラ・メルケル独首相」。なるほど、とうなだれるオヤジさんたちも少なくないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る