神戸系幹部射殺の裏で 幻に終わった山口組“電撃和解交渉”

公開日:  更新日:

 いよいよ血の雨が降るのか。

 31日午前、岡山市南区のマンション駐車場で、神戸山口組傘下「池田組」の高木忠幹部(55)が射殺された事件。県警は山口組分裂に絡んだ抗争事件の可能性があるとみて、捜査を進めている。

「現場は高木幹部の自宅マンションで、犯人は拳銃で4発撃ち、胸と腹に2発命中。バイクで走り去ったとみられている。間違いなくプロのヒットマンの仕業です」(捜査事情通)

 6代目VS神戸は伊勢志摩サミットで一時休戦とささやかれ、4、5月はほぼ“無音”状態が続いていたが、終わった途端にいきなりこれだ。

「池田組の組長は神戸の最高幹部のひとりで、射殺された高木幹部はその若頭、つまり側近中の側近です。もし対立抗争だとすれば、初の射殺事件で、これまでのように下っ端の小競り合いで済まされる話ではありません」(ジャーナリストの鹿島一男氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る