サミット終了で抗争再燃か 外を歩かなくなった山口組幹部

公開日:  更新日:

 このところ音なしの構えなのが「6代目山口組VS神戸山口組」の抗争だ。4月半ばまで銃弾撃ち込みやダンプ突入が連日起きていたが、すっかり沈静化。伊勢志摩サミットまで揉め事を起こさないよう自粛したというのが大方の見方だが、サミットは終わった。いま注目されているのが抗争の再開だ。

「マグマがたまっています」とは関係者。

「両組織とも特定抗争指定暴力団に認定されるのを恐れ、執行部は“揉め事を起こすな”と指示していますが、サミット終了とともに我慢していた反動が出て“カチコミ”を再開しそうです。口火となりそうなのが富山県の高田組の一件。この組織が神戸側に寝返る動きを見せたため、3月、組長が6代目側に暴行されて指を切断された。高田組は解散したものの、組長を傷つけられたのだから組員も神戸側本部も黙っているわけにはいかない。まもなく報復が起きるのではないかとみられています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る