• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サミット終了で抗争再燃か 外を歩かなくなった山口組幹部

 このところ音なしの構えなのが「6代目山口組VS神戸山口組」の抗争だ。4月半ばまで銃弾撃ち込みやダンプ突入が連日起きていたが、すっかり沈静化。伊勢志摩サミットまで揉め事を起こさないよう自粛したというのが大方の見方だが、サミットは終わった。いま注目されているのが抗争の再開だ。

「マグマがたまっています」とは関係者。

「両組織とも特定抗争指定暴力団に認定されるのを恐れ、執行部は“揉め事を起こすな”と指示していますが、サミット終了とともに我慢していた反動が出て“カチコミ”を再開しそうです。口火となりそうなのが富山県の高田組の一件。この組織が神戸側に寝返る動きを見せたため、3月、組長が6代目側に暴行されて指を切断された。高田組は解散したものの、組長を傷つけられたのだから組員も神戸側本部も黙っているわけにはいかない。まもなく報復が起きるのではないかとみられています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る