サミット終了で抗争再燃か 外を歩かなくなった山口組幹部

公開日: 更新日:

 このところ音なしの構えなのが「6代目山口組VS神戸山口組」の抗争だ。4月半ばまで銃弾撃ち込みやダンプ突入が連日起きていたが、すっかり沈静化。伊勢志摩サミットまで揉め事を起こさないよう自粛したというのが大方の見方だが、サミットは終わった。いま注目されているのが抗争の再開だ。

「マグマがたまっています」とは関係者。

「両組織とも特定抗争指定暴力団に認定されるのを恐れ、執行部は“揉め事を起こすな”と指示していますが、サミット終了とともに我慢していた反動が出て“カチコミ”を再開しそうです。口火となりそうなのが富山県の高田組の一件。この組織が神戸側に寝返る動きを見せたため、3月、組長が6代目側に暴行されて指を切断された。高田組は解散したものの、組長を傷つけられたのだから組員も神戸側本部も黙っているわけにはいかない。まもなく報復が起きるのではないかとみられています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  4. 4

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  8. 8

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る