日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

原宿、銀座…“首都緊迫”火蓋切られた山口組「報復血戦」

 “サミット休戦”の直後に神戸山口組幹部が射殺された事件は、やはり6代目側の仕業だった。

 神戸山口組の中核団体「池田組」のナンバー2、高木忠若頭(55)が岡山市南区で拳銃で撃たれたのは5月31日午前9時50分。フルフェースのヘルメットをかぶった犯人は、高木若頭の急所を正確に射抜くと、小型バイクで逃走した。鮮やかな手口からしてプロのヒットマンによる犯行が疑われたが、5日、「自分が殺した」と、6代目山口組系「高山組」組員の山本英之容疑者(32)が岡山県警に出頭し、殺人容疑で逮捕された。

「高山組は司忍組長の出身母体である弘道会の直系組織で、初代組長を6代目ナンバー2の高山清司若頭が務めた組織。6代目山口組の“ど真ん中”にある中核団体です。今回の暗殺劇で、山口組の対立抗争が一線を大きく越えたのは間違いありません。エスカレートすれば、山一抗争を超える殺し合いが起きる恐れもあると思います」(暴力団に詳しいジャーナリストの鈴木智彦氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事