原宿、銀座…“首都緊迫”火蓋切られた山口組「報復血戦」

公開日: 更新日:

 “サミット休戦”の直後に神戸山口組幹部が射殺された事件は、やはり6代目側の仕業だった。

 神戸山口組の中核団体「池田組」のナンバー2、高木忠若頭(55)が岡山市南区で拳銃で撃たれたのは5月31日午前9時50分。フルフェースのヘルメットをかぶった犯人は、高木若頭の急所を正確に射抜くと、小型バイクで逃走した。鮮やかな手口からしてプロのヒットマンによる犯行が疑われたが、5日、「自分が殺した」と、6代目山口組系「高山組」組員の山本英之容疑者(32)が岡山県警に出頭し、殺人容疑で逮捕された。

「高山組は司忍組長の出身母体である弘道会の直系組織で、初代組長を6代目ナンバー2の高山清司若頭が務めた組織。6代目山口組の“ど真ん中”にある中核団体です。今回の暗殺劇で、山口組の対立抗争が一線を大きく越えたのは間違いありません。エスカレートすれば、山一抗争を超える殺し合いが起きる恐れもあると思います」(暴力団に詳しいジャーナリストの鈴木智彦氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る