水戸、宇都宮も…緊張高まる山口組抗争“最凶危険エリア”

公開日: 更新日:

 神戸山口組傘下「池田組」のナンバー2、高木忠若頭(55)が岡山市内で射殺された事件で、「ワシがやった」と出頭したのは6代目山口組傘下「高山組」組員、山本英之容疑者(32)だった。高山組は6代目の出身母体「弘道会」の直系組織だけに、神戸側も黙っていられないだろう。抗争は全国に広がる危険性が出てきた。

■神戸側はLINE禁止命令

 6日午後、6代目側は「直参」と呼ばれる直系組長が神戸市の総本部に集まり、事件後初の定例会を開いた。神戸側は意外にも引き締めに躍起になっているという。

「とにかく若い連中を抑えるのに必死になっています。下手に動けば警察の思うツボで、トラブルに巻き込まれるのを恐れて『ひとりで繁華街を歩くな』と通達。情報漏れを防ぐために『ツイッターやLINEを使って連絡を取るな』とSNS禁止令も出ました」(暴力団に詳しいジャーナリストの鹿島一男氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  3. 3

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  4. 4

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  5. 5

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  6. 6

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  7. 7

    日米安保破棄を示唆 トランプ発言の狙いは日米貿易交渉

  8. 8

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  9. 9

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  10. 10

    闇営業問題でTV各局大慌て…“我が道”路線テレ東の対応は?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る