• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

選挙サンデー 銀座に候補者続々「憲法改悪を止めたい!」

 参院選公示後初めての選挙サンデーとなったきのう(26日)、銀座の三越周辺には一日中、さまざまな候補者が入れ代わり立ち代わり、遊説にやってきた。政治団体「国民怒りの声」代表で比例代表に立候補している小林節氏(67)もそのひとり。同団体の東京選挙区の公認候補・小林興起氏(72)とともに街宣カーの上でマイクを握った。

 演説では、やはり憲法学者らしく、「(安倍政権による)憲法改悪を止めたいんです」と主張。自民党改憲草案がいかに国民主権をないがしろにした内容であるかを説き、「(草案には)『国防に協力』と書いてある。これつまり、徴兵制ができるということですよ」と訴えた。

 他にも、おおさか維新の田中康夫氏(60・東京)や渡辺喜美氏(64・比例)、自民の中川雅治氏(69・東京)や朝日健太郎氏(40・東京)、新党改革の高樹沙耶氏(52・東京)などが姿を見せ、まさに“候補者銀座”の様相だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る