ダッカテロが業績直撃も “イスラム進出”日系企業に大難題

公開日:  更新日:

 バングラデシュの首都ダッカで起きたテロ事件で、日本人7人を含む20人が殺害された。地元メディアによると、実行犯7人は20~28歳のバングラ人だった。当局筋は「ダッカ市内に住む学生」と伝えている。

 バングラデシュでは、昨年10月に日本人男性が殺害される事件が起き、現地に進出する日本企業は安全対策を強化しようとしていた。その矢先のテロだけに衝撃は大きい。

 日本貿易振興機構(ジェトロ)の統計では、バングラデシュに進出する日系企業は240社に上っている(今年2月時点)。14年5月にバングラデシュのハシナ首相が来日した際、安倍首相は4~5年間で最大6000億円のODA供与を表明した。日系企業のバングラ進出は加速し、進出企業は4年間で倍増している。

 テロ発生後、幹線道路の橋を建設する大林組と清水建設は社員の無事を確認後、自宅待機とした。ユニクロはダッカ市内に9店舗を出店。東レや、ファスナーで知られるYKKなども拠点を置く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る