• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ポケモンGO」が牽引 爆騰の任天堂株価はどこまで上がる

 任天堂の株価がうなぎ上りだ――先週7日の終値は1万4935円だったのに対し、15日は前日比2480円高の2万7780円と高値引け。売買代金は4760億円と個別銘柄としては、東京株式市場の過去最高になった。今月、アメリカやドイツでリリースされた「ポケモンGO」の人気が、株価を牽引している。

「ポケモンGO」はGPSの位置情報を活用し、現実世界そのものを舞台に、ポケモンを捕まえたり、バトルしたりできるゲームだ。プレーヤーは家の外に出て、ポケモンを探したり、他のプレーヤーと出会える。

 任天堂の株価はここ5年、1万~2万円台と低迷しているが、リーマン・ショック前の2007年には7万円台の時代もあった。任天堂の株価について、株式評論家の倉多慎之助氏の見方はこうだ。

「年内5万円台、数年のスパンで見れば7万円台もあるでしょう。通常、ゲームのライフスパンは2~3年といわれているが、『ポケモンGO』は単発のゲームとは違う。キャラクターを増やして“連作”ができる。任天堂のマリオを登場させることも可能です。またキャラクターはおもちゃやグッズなど2重、3重で儲かる。さらに、“地獄”を見た任天堂の社内の雰囲気には緊張感がある。“ソフト”の日本の起爆剤にもなり得る。ラインの株価には懐疑的ですが、任天堂は評価しています」

 反転攻勢のきっかけになるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る