エコノミスト櫨浩一氏 「英EU残留の確率は五分五分以上」

公開日:  更新日:

 英EU離脱ショックから1カ月以上が過ぎた。英国民投票の直後は、株式市場が大混乱し、世界同時株安が出現。為替相場では超円高が止まらず、約2年7カ月ぶりとなる1ドル=99円台まで円は買われた。現在は、落ち着きを取り戻しつつあるが、離脱ショックの影響は水面下でくすぶり、いつ爆発しても不思議のない時限爆弾となっている。経済の専門家であるニッセイ基礎研究所・専務理事の櫨浩一氏は、今後をどう見ているか。

――6月23日の英国民投票の結果に、おそらく世界中が驚かされました。当時を振り返って、どんな感想を持ちますか。

 確かに予想外の結果でした。市場関係者の誰もが「まさか」と耳を疑った。投票前には、離脱派が勝利したら、08年リーマン・ショック級の衝撃に世界経済は襲われ、パニックに陥るという見方が根強くありましたからね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る