50万人が監視対象 リオ五輪“ローンウルフ型テロ”防げるか

公開日:  更新日:

 イスラム国にリオ五輪開催期間中のテロ攻撃を予告され、ブラジル政府は軍や警察を総動員。8万5000人態勢で警戒警備に当たるとともに、米国の情報機関などと連携を図っている。ネット上でポルトガル語を駆使し、テロを呼びかけるISに賛同して、実際に行動を起こすローンウルフ(一匹おおかみ)型のテロを防ぐためだ。約50万人が監視対象になっているというから凄まじい。“テロ予備軍”には、反政府系の市民団体やデモ参加者なども含まれているようだが、果たして、“最悪の事態”を未然に防ぐことができるのか。

 軍事ジャーナリストの世良光弘氏が言う。

「テロの警備に当たっているブラジル当局の警備要員は、ロンドン五輪の時の2倍に相当します。それでも、ローンウルフ型のテロを未然に防ぐことは不可能でしょう。単純計算で、隊員1人が5人以上監視していることになりますが、マンツーマンでも24時間態勢で監視を続けるのは至難の業。7月下旬、フランス北部で発生した教会の襲撃事件を振り返れば一目瞭然でしょう。犯人のうちのひとりはISの戦闘に加わる恐れがあり、仏情報当局から電子監視装置の着用を義務付けられていた。それなのに、テロは防げませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  9. 9

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る