米大統領選トランプ氏が次々逆転…激戦オハイオ州も制す

公開日:  更新日:

 下馬評通りのヒラリー・クリントン(69)か、それとも大番狂わせでドナルド・トランプ(70)か――。8日投票が行われた米大統領選は、日本時間の9日午前8時から開票が始まった。夕方までに大勢が判明するが、大票田のフロリダ州(選挙人29人)をトランプが制するなど、まさかの展開に全世界が騒然としている。

 米大統領選は全米50州とコロンビア特別区(首都ワシントン)で行われた。メーン州、ネブラスカ州を除き、最多の得票者が、それぞれの州に割り振られた選挙人全員を獲得する。選挙人総数は538人で過半数の270人に達すれば当選だ。

 米メディアによると、午後1時現在、民主党・ヒラリーが勝利を確実にしたのはニューヨーク州など13州で131人、共和党・トランプはテキサス州など20州で197人。2人とも、もともと強い地盤の州を順当に獲得しているが、ヒラリーは優勢とみられていたバージニア州(13人)で勝利こそしたものの、大接戦の末の辛勝。トランプが予想以上に追い上げている。500万人いるといわれる“隠れトランプ”の存在が影響している可能性がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る