• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米大統領選トランプ氏が次々逆転…激戦オハイオ州も制す

 下馬評通りのヒラリー・クリントン(69)か、それとも大番狂わせでドナルド・トランプ(70)か――。8日投票が行われた米大統領選は、日本時間の9日午前8時から開票が始まった。夕方までに大勢が判明するが、大票田のフロリダ州(選挙人29人)をトランプが制するなど、まさかの展開に全世界が騒然としている。

 米大統領選は全米50州とコロンビア特別区(首都ワシントン)で行われた。メーン州、ネブラスカ州を除き、最多の得票者が、それぞれの州に割り振られた選挙人全員を獲得する。選挙人総数は538人で過半数の270人に達すれば当選だ。

 米メディアによると、午後1時現在、民主党・ヒラリーが勝利を確実にしたのはニューヨーク州など13州で131人、共和党・トランプはテキサス州など20州で197人。2人とも、もともと強い地盤の州を順当に獲得しているが、ヒラリーは優勢とみられていたバージニア州(13人)で勝利こそしたものの、大接戦の末の辛勝。トランプが予想以上に追い上げている。500万人いるといわれる“隠れトランプ”の存在が影響している可能性がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る