溝は埋まるのか? トランプ氏主要ポストに女性2人起用

公開日:

「女性蔑視」のレッテルを貼られた次期米大統領のトランプが、立て続けに2人の女性閣僚の起用を決めた。

 まずは23日に、サウスカロライナ州の女性知事、ニッキ・ヘイリー氏(44)を国連大使に指名すると発表した。次期政権の閣僚級人事で、トランプ氏が女性を起用するのは初めてだ。同知事はインド系で大統領選挙期間中はトランプ氏を批判。共和党候補指名争いではルビオ上院議員を支持していた。外交経験はない。

 マイノリティー出身の女性を外交の要職に据えることで、女性と移民にアピールする狙いがあるとみられる。

 トランプは続けて、2人目の女性閣僚として教育長官に「米国児童連盟」会長のベッツィ・デボス氏(58)を指名すると発表。デボス氏はミシガン州出身。共和党候補指名争いではジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事らに献金しており、トランプ氏の熱心な支持者ではなかった。保護者や教師が公費で自主運営する「チャーター・スクール」の支持者で知られている。

 2人の女性閣僚の起用で、思惑通りに選挙戦中に生じた女性たちとの「溝」が埋まるか注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る