英国EU離脱で浮上 公用語から「英語」消滅の現実味は?

公開日: 更新日:

 英国のEU離脱の“余波”が思わぬところに広がっている。離脱が完了すれば、英語がEUの公用語から外れる可能性が浮上しているのだ。欧州委員会はすでに、記者会見などで英語の使用を減らしつつある。今後、EUの“2大国”が使用するフランス語とドイツ語の重要性が高まりそうだという。

 EUの規則では原則、加盟国が通知した第1言語のみが公用語として採用される。英語を通知しているのは英国のみ。アイルランドやマルタでも英語が広く通用するが、両国は古来の自国語を通知している。英国がいなくなれば、EU内では“自動的に”英語が消滅するというわけだ。

 フランス語やドイツ語に接する機会の少ない加盟国もあり、英語は公用語に準じて使用できる「作業言語」として引き続き使用される見込み。だが、英語を受け付けないフランスの「フランス語至上主義者」の間では、EUから英語を“排除”する動きが加速している。国際ジャーナリストの堀田佳男氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  8. 8

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  9. 9

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  10. 10

    ソフト甲斐野5000万円更改も…東洋大出世争いに意外な伏兵

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る