• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

英国EU離脱で浮上 公用語から「英語」消滅の現実味は?

 英国のEU離脱の“余波”が思わぬところに広がっている。離脱が完了すれば、英語がEUの公用語から外れる可能性が浮上しているのだ。欧州委員会はすでに、記者会見などで英語の使用を減らしつつある。今後、EUの“2大国”が使用するフランス語とドイツ語の重要性が高まりそうだという。

 EUの規則では原則、加盟国が通知した第1言語のみが公用語として採用される。英語を通知しているのは英国のみ。アイルランドやマルタでも英語が広く通用するが、両国は古来の自国語を通知している。英国がいなくなれば、EU内では“自動的に”英語が消滅するというわけだ。

 フランス語やドイツ語に接する機会の少ない加盟国もあり、英語は公用語に準じて使用できる「作業言語」として引き続き使用される見込み。だが、英語を受け付けないフランスの「フランス語至上主義者」の間では、EUから英語を“排除”する動きが加速している。国際ジャーナリストの堀田佳男氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る