• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

英国EU離脱で浮上 公用語から「英語」消滅の現実味は?

 英国のEU離脱の“余波”が思わぬところに広がっている。離脱が完了すれば、英語がEUの公用語から外れる可能性が浮上しているのだ。欧州委員会はすでに、記者会見などで英語の使用を減らしつつある。今後、EUの“2大国”が使用するフランス語とドイツ語の重要性が高まりそうだという。

 EUの規則では原則、加盟国が通知した第1言語のみが公用語として採用される。英語を通知しているのは英国のみ。アイルランドやマルタでも英語が広く通用するが、両国は古来の自国語を通知している。英国がいなくなれば、EU内では“自動的に”英語が消滅するというわけだ。

 フランス語やドイツ語に接する機会の少ない加盟国もあり、英語は公用語に準じて使用できる「作業言語」として引き続き使用される見込み。だが、英語を受け付けないフランスの「フランス語至上主義者」の間では、EUから英語を“排除”する動きが加速している。国際ジャーナリストの堀田佳男氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る