反対派がお断りデモ このままでは「復興妨害五輪」になる

公開日: 更新日:

■2020年には自動的に……

 政府は東日本大震災の復興期間を20年度までと定めている。福島県も20年度までに「県外避難者ゼロ」とする計画で、帰還を強制し、拒絶すると避難のための支援は打ち切るという。つまり、五輪開催の20年度には「復興」が“自動的”に完了する仕組みになっているのだ。

 さらに、福島第1原発の位置する「浜通り」の再開発も五輪に間に合わせる予定だが、その中身が問題だ。ゲストスピーカーとして登壇した東京外大の友常勉准教授(日本思想史・日本近代史)はこう明かした。

「IT技術を活用して、浜通りを廃炉技術の研究拠点にする構想があります。五輪で世界が注目する20年を当面の目標としています」

 具体的な研究内容は「ロボット実証」「放射線物質分析・研究施設」など。原発推進政策の大きな弱みは廃炉方法が確立していないこと。つまり、さらなる推進のための研究を、原発事故の被曝地でスタートさせ、五輪を機に世界に誇示するというのだ。

 これでは、“原発復興五輪”ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

  2. 2
    阪神の“問題児”マルテはもういらない!不振、故障続発、増長懸念でまたゴタゴタの火種

    阪神の“問題児”マルテはもういらない!不振、故障続発、増長懸念でまたゴタゴタの火種

  3. 3
    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

  4. 4
    中日・高橋周遊撃起用のナゾ 立浪“迷”監督は根尾がそんなに嫌いなのか

    中日・高橋周遊撃起用のナゾ 立浪“迷”監督は根尾がそんなに嫌いなのか

  5. 5
    1.4億円が海底に消えた…知床沈没船「KAZUⅠ」の再引き揚げ費用は誰が負担するのか?

    1.4億円が海底に消えた…知床沈没船「KAZUⅠ」の再引き揚げ費用は誰が負担するのか?

もっと見る

  1. 6
    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

  2. 7
    「チコちゃん」マナー講師の炎上で透けたNHKの劣化…安易な企画と演出はもう通用しない

    「チコちゃん」マナー講師の炎上で透けたNHKの劣化…安易な企画と演出はもう通用しない

  3. 8
    中日・中村紀打撃コーチが二軍に配置転換…異例人事のウラに「独特すぎる打撃理論」

    中日・中村紀打撃コーチが二軍に配置転換…異例人事のウラに「独特すぎる打撃理論」

  4. 9
    上島竜兵さんがトーク主体のバラエティー番組にはほとんど出演しなかった理由

    上島竜兵さんがトーク主体のバラエティー番組にはほとんど出演しなかった理由

  5. 10
    大谷以来の二刀流! 日本ハム上原健太がようやく見せ始めた「身体能力お化け」の片鱗

    大谷以来の二刀流! 日本ハム上原健太がようやく見せ始めた「身体能力お化け」の片鱗