「入国禁止」大統領令 世論調査で米国民の6割近くが賛成

公開日: 更新日:

 7カ国の国民の入国を禁止するトランプの大統領令に抗議するデモの嵐が、全米で吹き荒れている。日本での報道を見る限り、米国民の多くが大統領令に反対しているようだが、実際は反対しているのは少数派だという世論調査結果が相次いで発表された。

 ロイター通信が1月30~31日に実施した調査では、49%が「支持」、41%が「不支持」で、賛成派が反対派を上回った。

 さらに、世論調査会社ラスムセンが25~26日に実施した調査では、「賛成」が57%と過半数を占め、「反対」は3人に1人の「33%」に過ぎなかった。大統領令が出たのはこの調査より後だが、すでにその内容は周知されていた。

 一方、トランプの仕事ぶりについて、同じく世論調査会社ギャラップが28~30日に実施した調査では、「評価する」は43%、「評価しない」は51%だった。

 米国の民意も“トランプの暴走”に戸惑っているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  7. 7

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  10. 10

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る