アジアではマシだが 森友問題で日本も賄賂天国まっしぐら

公開日:

 日本で過去1年間に政治家、公務員等にワイロを送った人は0.2%――。世界各国の汚職などを監視する国際NGO「トランスペアレンシー・インターナショナル」(TI=本部ドイツ)が7日、アジア太平洋地域の腐敗指標を公表した。

 対象は日本や韓国、中国、マレーシア、タイ、ベトナム、インドなどの16カ国。2万2000人に無作為抽出の電話調査を行った。過去1年間に官庁や学校、病院、裁判所などの公共サービスを利用したと答えた人を対象に「その際、ワイロを渡したか?」と尋ねたところ、「はい」と答えた人は日本では0.2%。インドは63%、ベトナムは61%、中国は21%、韓国は2%という結果になった。

 途上国では、市民が役所の窓口でワイロを要求され、学区の便宜などを求めて教師につけ届けをするのが常態化している。アジア全体の平均が25%で、日本は“クリーン”なイメージがあるが、一方で、日本人の多くが警察、公務員、政治家には不正があり、腐敗していると考えているのも事実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る