• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

9%超に買い増し 旧村上ファンド“東芝乗っ取り”の現実味

 不気味としか言いようがない。“旧村上ファンド”の出身者が設立したエフィッシモ・キャピタル・マネージメント(本社シンガポール)が、東芝株を買い増したのだ。

 エフィッシモは3月下旬、突如、東芝の筆頭株主(8.14%保有)に躍り出て、市場の話題をさらった。「高値で早々に売り抜け、ひと儲けする作戦」というのが大方の見方だった。

 ところが先週7日、エフィッシモは関東財務局に大量保有報告書(変更報告書)を提出。保有比率が9.84%まで高まったことが明らかになった。

「まさか……ですよ。3月に旧村上系ファンドが筆頭株主になったというニュースが流れたとき、東芝株は一時10%高の228円まで上昇しました。エフィッシモは、それよりずっと安い株価で大量購入したはずなので、“売り抜ける”タイミングはいくらでもあったでしょう。でも実際には売却どころか、買い増していた。こうなると、純投資ではなく別の理由があるのではないかと勘繰りたくなります」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る