独自の雇用制度で受賞 経営者・栢孝文「麻雀で培った思考」

公開日:  更新日:

オンライン麻雀「Maru-Jan」運営

 過労自殺が社会問題化する中、ユニークな雇用制度で職場を盛り上げている企業がある。2月7日、リクナビNEXT主催の「第3回グッド・アクション」を受賞した「シグナルトーク」(東京都大田区)だ。オンライン麻雀ゲーム「Maru-Jan」の運営を柱とするITベンチャー企業で、3年前に導入した「フリーワーキング制度」がビジネス界で注目を集めている。

■社員の労働時間を減らし業績を伸ばす

 同制度は、子育て支援やプライベート確保のための「フリーデイズ」(少日数勤務)、自宅やカフェなど社外で仕事をしたい社員のための「リモート」(在宅勤務)からなり、いずれも週3日勤務から選択できる。

 社員にとっては夢のような雇用制度だが、この独自の取り組みで労働時間を大幅に削減しながら、かつ業績を伸ばし続けているのが、代表取締役の栢孝文(42)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

もっと見る