日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NHK籾井前会長に「退職金2126万円」 特別慰労金はなし

 NHK経営委員会は11日、籾井勝人前会長に退職金を満額で支払うことを決めた。

 籾井氏は2014年1月にNHK会長に就任。就任記者会見で、従軍慰安婦について「どこの国にもあった」と発言。さらに「政府が右というものを左というわけにはいかない」などと、公共放送の中立性を無視した安倍政権寄りの発言を繰り返し、国会に何度も招致されて釈明した。

 また、ゴルフ場への往復にNHK差し回しのハイヤーを利用するなど、たびたび物議を醸し、内外の批判を浴びた。

 籾井氏は2期目の続投を狙っていたが、任命権を持つ経営委員の賛同を得られず、1期での退任に追い込まれた。

 退職金額は推定で約2126万円で、今月中に支払われる見込みだ。功労があった場合に支給される特別慰労金は見送りとなった。石原進委員長は「いいことも批判されることもあった。プラスマイナスゼロだ」と述べた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事