全国販売中止「カール」に東日本“復活の目”はあるのか

公開日: 更新日:

 それにつけても、おやつは「カール」(明治)の全国販売中止にはビックリした。ネット上では「もっと早く売り上げが落ちていると教えてくれれば買い支えたのに」なんて恨み節もあがっている。その気持ち、分からないでもない。

 1968年発売のカールは、ピーク時の90年代に年間190億円の売り上げがあったが、最近は60億円程度と、3分の1以下まで落ち込んでいたという。「3年ほど前から(カールの)ブランド存続の可能性を模索していた」(広報担当者)というから、ファンにすれば「3年前に言ってくれよ」だろう。

「例えば、カールのチーズあじは1袋(64グラム)で300キロカロリー超えです。男性はいちいち気にしないでしょうが、健康志向の強い女性は高カロリーと感じる。1袋200キロカロリー以下なんていう低カロリーのスナック菓子がウケる時代の流れに、カールはそぐわなかったともいえます」(製菓業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  6. 6

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る