• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全国販売中止「カール」に東日本“復活の目”はあるのか

 それにつけても、おやつは「カール」(明治)の全国販売中止にはビックリした。ネット上では「もっと早く売り上げが落ちていると教えてくれれば買い支えたのに」なんて恨み節もあがっている。その気持ち、分からないでもない。

 1968年発売のカールは、ピーク時の90年代に年間190億円の売り上げがあったが、最近は60億円程度と、3分の1以下まで落ち込んでいたという。「3年ほど前から(カールの)ブランド存続の可能性を模索していた」(広報担当者)というから、ファンにすれば「3年前に言ってくれよ」だろう。

「例えば、カールのチーズあじは1袋(64グラム)で300キロカロリー超えです。男性はいちいち気にしないでしょうが、健康志向の強い女性は高カロリーと感じる。1袋200キロカロリー以下なんていう低カロリーのスナック菓子がウケる時代の流れに、カールはそぐわなかったともいえます」(製菓業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る