全国販売中止「カール」に東日本“復活の目”はあるのか

公開日:  更新日:

 それにつけても、おやつは「カール」(明治)の全国販売中止にはビックリした。ネット上では「もっと早く売り上げが落ちていると教えてくれれば買い支えたのに」なんて恨み節もあがっている。その気持ち、分からないでもない。

 1968年発売のカールは、ピーク時の90年代に年間190億円の売り上げがあったが、最近は60億円程度と、3分の1以下まで落ち込んでいたという。「3年ほど前から(カールの)ブランド存続の可能性を模索していた」(広報担当者)というから、ファンにすれば「3年前に言ってくれよ」だろう。

「例えば、カールのチーズあじは1袋(64グラム)で300キロカロリー超えです。男性はいちいち気にしないでしょうが、健康志向の強い女性は高カロリーと感じる。1袋200キロカロリー以下なんていう低カロリーのスナック菓子がウケる時代の流れに、カールはそぐわなかったともいえます」(製菓業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る