公認候補が大量離党 民進党・蓮舫代表は都議選をどう戦う

公開日: 更新日:

  ―――国会以外の場での情報発信も重要です。

 そうですね。プロジェクトチームの調査などで、話題の人を党にお招きして、しっかりお話を聞き、情報を発信していく。できることは全部やっていきます。

  ―――安倍政権をもっと追い込んで欲しい。

 これだけ疑惑があり、権力にあぐらをかいている政治が屋上屋を重ねて存在している。そこに対して、あらがいきれていない自分の不甲斐なさへの反省も含め、追い込んでいきたいと思い続けています。

  ―――傲岸不遜な安倍政権との対立軸を民進党はもっと出せないのですか。

 とにかく、選択肢になりたいと思っています。1強が続けば安定して幸せになれると思っていたけれど、むしろ、従うだけの政治だったということが今、明らかになりつつあります。特定秘密保護法も、安全保障法制も、あるいは今回の共謀罪法案も、政府が決めたことを守るしかないという選択肢は、民主主義が機能していない。ですから、全く逆の選択肢を示す。それは強さよりも、国民生活の安定であり、勢いよりも、子供たちの成長を支える中長期的なビジョンであり、そういう政策をとがったものにして、どういう形で出していけるか。総選挙のタイミングも頭に入れながら、最終的な調整に入っているところです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    小室圭さんはなぜ嫌われる?上からも下からも批判の大合唱

  3. 3

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  4. 4

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  5. 5

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  6. 6

    解散・総選挙で自民50議席減 単独過半数割れの衝撃データ

  7. 7

    眞子さま大学選びは失敗か 学習院なら小室さんは接近ムリ

  8. 8

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  9. 9

    大島優子は名脇役に成長 今や元AKB48で一番の「勝ち組」に

  10. 10

    広瀬すず&橋本環奈 不仲説を囁かれた二人が急接近した理由

もっと見る