柳瀬審議官 野党の質問にまたも「記憶をたどる限り」連発

公開日: 更新日:

 24日に衆院で行われた閉会中審査で「記憶にない」を7回連発して、ひんしゅくを買っている柳瀬経産審議官は、25日の審査2日目でも苦しい言い逃れに終始した。

 当時、首相秘書官だった柳瀬審議官は、一昨年4月に今治市の企画課長らが官邸を訪れた際の面会相手ではないかという疑惑が持たれている。民進党の桜井議員からそれを問われると、「私の記憶をたどる限り、お会いしていない」と答弁。

 これを2度繰り返したため、桜井議員が「それは否定と考えていいのか?」「事実として否定か?」と聞いたが、「私の記憶をたどる限り、お会いしていない」とオウム返しするばかりだった。否定なら否定すればいいものを、そう言えないのは、やはり「会った」からだろう。

 こうなったら、今治市に面会時の黒塗り資料を明らかにしてもらうしかない。民進党は今治市長の参考人招致を要求している。自民党が否定しているというが、白黒ハッキリさせるべきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    伊藤沙莉は“性格の悪い女が似合う女優”脇役での受賞は異例

  10. 10

    野手登板に巨人OB賛否分裂 原“傲慢采配”を呼んだ真の問題

もっと見る