ヒトとネギに泣く? 鳥貴族280円→298円に値上げの「壁」

公開日:

「298円がギリギリの決断だったはず」と飲食業界関係者は言う。

 全品280円(税別)均一の低価格路線で急成長した鳥貴族が、10月から298円(同)に値上げをすると発表した。

 サラリーマンの財布に優しい2時間飲み、食べ放題プラン「28とりパーティー」も、1人2800円が2980円に。庶民にとっては痛い値上げだろうが、これまで28年以上、280円均一を維持してきた同社にとっても苦渋の決断だったろうことは分かる。

 2012年7月期に108億円だった同社の売上高は、昨年は245億円。純利益も6300万円↓9億8100万円と右肩上がり。昨年8月に全国495店だった出店数も、今年7月には567店にまで増えている。

「今や海外出店まで視野に入っています。大倉忠司社長が掲げる2000店、世界一の焼き鳥屋を目標に攻勢を続けていますが、値上げが、飛ぶ鳥を落として食わんばかりの勢いに水を差すことは間違いない」(前出の飲食業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る