日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

みずほFGが来春実験 新電子マネー「Jコイン」の損得勘定

 みずほFGが来年3月にも、新しい電子マネー「Jコイン(仮称)」の実証実験を一部の地域で始めると報じられた。

 27日付の日本経済新聞などによると、Jコインは常に1コイン=1円で交換でき、利用者がスーパーや飲食店での支払いに使うことを想定している。スマホでQRコードを読み取り、決済する仕組みを整える。東京五輪が開催される2020年までの実用化を目指すという。ほかのメガバンクや地銀の参加も促したい考えなんだとか。

「ATM(現金自動預払機)1台にかかるランニングコストは月30万円ともいわれます。電子マネーの普及でキャッシュレス化が進み、ATMを減らせれば、大幅なコストダウンが見込めます。現金の取り扱いが減れば、窓口などの人件費もカットできる。もちろん、ATMの手数料収入は減りますが、その分は電子マネー加盟店から入る手数料でカバーできるというわけです」(メガバンク関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事