• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大蔵省の天下り 東京金融取引所に巣くう“高齢顧問”の正体

「あまりにヒドイのではないか」――。金融関係者の間でこうささやかれているのが、東京金融取引所(TFX)の大蔵省(現・財務省)出身者の「天下り常態化」だ。

 同取引所は、1989年に会員制法人の「東京金融先物取引所」として設立され、2004年に株式会社化。07年に先物取引所から金融商品取引所へと変わって現在に至っている。

 民間会社の位置づけだが、歴代トップは全員、旧大蔵官僚。現社長の太田省三氏(71)も元大蔵省印刷局長だ。なかでも関係者の間で取り沙汰されているのが、太田氏の前任だった斎藤次郎氏(82)のいわゆる“わたり”である。

 斎藤氏は、東大法学部卒業後、1959年に大蔵省入省。官房長、主計局長などを歴任し、93年に次官となった。95年の退官後、社団法人「研究情報基金」理事長や財団法人「国際金融情報センター」顧問などの“天下りポスト”を渡り歩き、2000年5月に、東京金融取引所(当時=東京金融先物取引所)の理事長(現・社長)に就任。09年10月から日本郵政社長を務め、12年12月に退任した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  5. 5

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

もっと見る