• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大蔵省の天下り 東京金融取引所に巣くう“高齢顧問”の正体

「あまりにヒドイのではないか」――。金融関係者の間でこうささやかれているのが、東京金融取引所(TFX)の大蔵省(現・財務省)出身者の「天下り常態化」だ。

 同取引所は、1989年に会員制法人の「東京金融先物取引所」として設立され、2004年に株式会社化。07年に先物取引所から金融商品取引所へと変わって現在に至っている。

 民間会社の位置づけだが、歴代トップは全員、旧大蔵官僚。現社長の太田省三氏(71)も元大蔵省印刷局長だ。なかでも関係者の間で取り沙汰されているのが、太田氏の前任だった斎藤次郎氏(82)のいわゆる“わたり”である。

 斎藤氏は、東大法学部卒業後、1959年に大蔵省入省。官房長、主計局長などを歴任し、93年に次官となった。95年の退官後、社団法人「研究情報基金」理事長や財団法人「国際金融情報センター」顧問などの“天下りポスト”を渡り歩き、2000年5月に、東京金融取引所(当時=東京金融先物取引所)の理事長(現・社長)に就任。09年10月から日本郵政社長を務め、12年12月に退任した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る