• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

魚沼産コシヒカリなど…乱高下に負けない3月優待“21銘柄”

 株式市場は相変わらず乱高下が続いている。韓国と北朝鮮の首脳会談実現に向けた動きや、トランプ米大統領が仕掛けた“貿易戦争”などで、市場は神経質になっている。

「こんな相場のときは、黙っていてもウマ味のある株主優待銘柄がオススメです。野菜の高騰は凄まじいし、生活密着型の株主優待を狙いたい。少額投資で済む銘柄も多くあります」(IMSアセットマネジメント代表の清水秀和氏)

 そこで3月に株主優待の権利が確定し、最低投資金額は20万円以下、さらに米や飲料など生活に役立つ銘柄をピックアップした。

 配置医薬品大手の中京医薬品は「薬屋さんが処方した美味しいカレー」(2食)など2000円相当の優待品が送られてくる。6日終値ベースでの最低投資金額は9万300円(株価301円×300株=優待を得るのに必要な株数)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  3. 3

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  6. 6

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

  7. 7

    金融緩和継続 欧米と金利差拡大で円&国債大暴落の現実味

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    公式本も発売 空前ブーム「おっさんずラブ」に続編あるか

  10. 10

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

もっと見る