9週連続の売り越し 森友問題で海外勢の「日本売り」加速

公開日:

 日銀の黒田東彦総裁が正式に再任された先週16日、株式市場は不穏な空気に包まれていた。

「この日の黒田再任で金融緩和路線が間違いなく継続されることになったのです。本来なら歓迎相場となり、株価はグーンと上昇したはずです。ところが、東証の売買高で7割近くを占める海外勢が『買い』に向かわず、日経平均は下落した。相場は悪い方向に動きだしています」(市場関係者)

 海外投資家は、当然ながら森友文書の改ざんに反応している。

「麻生財務相の辞任に発展したら、海外勢はアベノミクス崩壊を感じ取ります。麻生辞任で、日経平均は3%(約600円)ぐらいは簡単に下落するでしょう」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 東証の統計によると、海外投資家は3月第1週(5~9日)まで9週連続で売り越した。この間の売越額は7・8兆円(現物と先物の合計)に達している。16年1~3月の11週に次ぐ記録だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る