エスカレートする“米中貿易戦争”に巻き込まれる日本の28社

公開日:

 米国と中国の貿易戦争が過激になってきた。

 トランプ大統領は5日、知的財産権の侵害問題に絡んだ中国の報復措置(大豆や自動車など500億ドル規模)に対抗するため、新たに1000億ドル(約10兆7000億円)規模の追加関税を検討すると表明した。米国は3日にも500億ドル規模の上乗せリストを公表している。

「市場は米中貿易戦争への警戒を強めています。実際、中国関連株と呼ばれる銘柄は低迷しています」(IMSアセットマネジメント代表の清水秀和氏)

 中国と関わりの深い企業で構成する「日経中国関連株50」採用銘柄の値動きを追うと、米中貿易戦争の影響をモロに受けていることが分かる。5日は、非鉄金属の住友金属鉱山が前日比でマイナス1.98%、神戸製鋼所はマイナス1.12%、新日鉄住金はマイナス0.85%だった(別表参照)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る