• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1ドル=90円台も覚悟 日米首脳会談で“超円高地獄”到来か

 金融市場が警戒感を強めている。

 14日午前(日本時間)、米英仏がシリアを攻撃。市場では“有事の円買い”が意識され、円高・株安を危惧する声が相次いだ。

「実際はそれほど円高に振れず、株式市場も落ち着いた取引が続きました。でも不安だらけです」(市場関係者)

 16日の為替相場は1ドル=107円台前半で、先週末と変わらない水準だった。日経平均は前日比56円高の2万1835円で引けた。

「今週は気が抜けません。17、18日に開催される日米首脳会談で、トランプ大統領が日本にどんな注文を出すか。内容によっては円高を誘発します。シリア情勢も今後どう展開していくか不透明です。地政学リスクが一段と意識されれば、安全資産とされる円は買われ、円高に振れる恐れが高まります」(ちばぎん証券の安藤富士男アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る