財務省が福田前次官のセクハラ“認定” 退職金減額の方針

公開日: 更新日:

 財務省は27日までに、週刊誌でセクハラ疑惑が報じられて辞任した福田淳一前財務次官について、懲戒処分に相当するセクハラ行為が確認されたとして、退職金を減額する方針を固めた。

 麻生太郎財務相はけさ、「処分を早急に実施したい」と語った。

 関係者によると、被害を受けたとする女性社員が勤務するテレビ朝日側の弁護士と、財務省の顧問弁護士が接触。事実関係についてやりとりする中で、財務省側がセクハラ行為があったとの事実認定は避けられないと判断したとみられる。

 退職金は規定上は約5300万円だそうだが、どれだけ減額されるかは明らかになっていない。セクハラで懲戒処分されるのだから、民間企業なら“全額没収”が当たり前だ。

 一方、福田前次官は依然としてセクハラ行為を認めておらず、懲戒処分を受けた後も裁判で争う意向だというから、往生際が悪すぎる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  4. 4

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  5. 5

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  8. 8

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  9. 9

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  10. 10

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

もっと見る