• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

財務省が福田前次官のセクハラ“認定” 退職金減額の方針

 財務省は27日までに、週刊誌でセクハラ疑惑が報じられて辞任した福田淳一前財務次官について、懲戒処分に相当するセクハラ行為が確認されたとして、退職金を減額する方針を固めた。

 麻生太郎財務相はけさ、「処分を早急に実施したい」と語った。

 関係者によると、被害を受けたとする女性社員が勤務するテレビ朝日側の弁護士と、財務省の顧問弁護士が接触。事実関係についてやりとりする中で、財務省側がセクハラ行為があったとの事実認定は避けられないと判断したとみられる。

 退職金は規定上は約5300万円だそうだが、どれだけ減額されるかは明らかになっていない。セクハラで懲戒処分されるのだから、民間企業なら“全額没収”が当たり前だ。

 一方、福田前次官は依然としてセクハラ行為を認めておらず、懲戒処分を受けた後も裁判で争う意向だというから、往生際が悪すぎる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る