イラン核合意離脱で原油高騰 トランプが破壊する日本経済

公開日: 更新日:

 日本経済は奈落の底に落ちるのか――。トランプ大統領は8日(日本時間9日未明)、イラン核合意からの離脱を表明。イランに対し過去最大級の経済制裁に踏み切る方針だ。

 9日の東京商品取引所の原油先物市場は警戒感から1キロ当たり4万8380円(1バレル約71ドル相当)と今年最高値を更新。2年11カ月ぶりの水準にまで上昇した。今後、中東情勢がさらに緊迫し、OPEC加盟国で生産量3位のイランの原油輸出が経済制裁で激減すれば、100ドル突破も現実味を帯びてくる。

■値上げラッシュで消費低迷

 原油高に伴う猛烈な値上げラッシュで、消費者の節約志向はますます加速する。物価上昇と景気後退が同時に進む、最悪の「スタグフレーション」になりかねない。

 昨年前半の原油価格は40ドル台で落ち着いていたが、6月以降にジリジリ上昇。今年1月以降は60ドル台で推移していた。そのため、ガソリン、電気、ガス、運賃、食品、日用品などの値上げが相次いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    自衛隊員ゼロに…安倍政権が千葉県被災者の雨ざらしを放置

  5. 5

    台風19号被害拡大 災害頻発列島で疑問だらけの対策対応<1>

  6. 6

    スコットランド戦のキーマン WTB松島幸太朗の“超速伝説”

  7. 7

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  8. 8

    楽天新監督に三木氏 石井GM絶賛の育成とマネジメント能力

  9. 9

    3歳男児が2歳妹の髪を切ったら…斬新なヘアスタイルに!

  10. 10

    W杯特需に期待せざるを得ない日本ラグビー界のお寒い事情

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る