鈴木邦男氏が明言 「私は愛国者」と声高に言う人は偽物

公開日: 更新日:

本当に自信があれば謙虚になれるはず

 世の中が右傾化しているといわれる。安倍政権を支持する勢力には、排外主義をあらわにする極右的な思想の持ち主も少なくない。政権側も右翼的な政策を推し進めてきた。安倍政権の5年間で日本はどう変わったのか。今後、どうなるのか。民族派右翼の重鎮、「一水会」元最高顧問の鈴木邦男氏に話を聞いた。

  ――安倍政権や、そのコアな支持層は果たして「右翼」なのでしょうか。保守というより反動のようにも感じますが。

 今の政権には反省がない。歴史を見る目がないというか、直面する勇気がないんでしょう。それは保守的な態度ではないと思います。例えば、東京裁判を見直すという。見直してどうするのか。もう一度、戦争をするとでもいうのでしょうか。

  ――ヘイトスピーチや排外主義的なデモも目立つようになりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    シューズの神様・三村仁司氏「必要なのは“厚底”ではない」

  5. 5

    “キュン”の達人 星野源×綾野剛ドラマは「恋つづ」超えるか

  6. 6

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  7. 7

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  8. 8

    美女ファイターだった好川菜々さんは元王者の夫とジム運営

  9. 9

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  10. 10

    東京五輪冷静に考えるべき 引き返せないだけのお祭り騒ぎ

もっと見る