• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

EV時代の主役「パナソニック」 2人乗り自動運転車を開発中

 自動運転の研究開発に力を入れているのは自動車メーカーやIT企業だけではない。電機メーカーも次のメシの種ということで、研究開発を積極的に行っている。パナソニックもそのひとつだ。

 3月28日に横浜市の施設で自動運転技術を報道陣に公開。レベル2やレベル3に対応するコックピット、2030年の完全自動運転を想定した次世代キャビンも披露した。

 レベル2のコックピットは、4つのマルチディスプレーを同時にコントロールする高性能グラフィックスエンジンを搭載し、視覚情報を中心とした運転支援を行う。ドライバーに必要な情報を表示し、ディスプレーに触れることなく、手のひらや指の動きによるジェスチャーでコントロールできる。

 レベル3のコックピットは、エンジンを始動すると大型画面のヘッドアップディスプレーに車の状態とドライバーの健康状態を表示。運転中はディスプレーにリアカメラ、サイドカメラの映像を表示し、死角のない安全運転を支援する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る