EV時代の主役「パナソニック」 2人乗り自動運転車を開発中

公開日:

 自動運転の研究開発に力を入れているのは自動車メーカーやIT企業だけではない。電機メーカーも次のメシの種ということで、研究開発を積極的に行っている。パナソニックもそのひとつだ。

 3月28日に横浜市の施設で自動運転技術を報道陣に公開。レベル2やレベル3に対応するコックピット、2030年の完全自動運転を想定した次世代キャビンも披露した。

 レベル2のコックピットは、4つのマルチディスプレーを同時にコントロールする高性能グラフィックスエンジンを搭載し、視覚情報を中心とした運転支援を行う。ドライバーに必要な情報を表示し、ディスプレーに触れることなく、手のひらや指の動きによるジェスチャーでコントロールできる。

 レベル3のコックピットは、エンジンを始動すると大型画面のヘッドアップディスプレーに車の状態とドライバーの健康状態を表示。運転中はディスプレーにリアカメラ、サイドカメラの映像を表示し、死角のない安全運転を支援する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    安室奈美恵と樹木希林…残す言葉から“去り際”を研究する

もっと見る