サッカー日本代表W杯ベスト16視野で大化けする20銘柄

公開日:  更新日:

 サッカーW杯日本代表の活躍に経済界も沸いている。

「日本が1次リーグを突破したら、株式市場はこれまで以上に熱くなるでしょう。トランプ米大統領が仕掛けた貿易摩擦などの悪材料を吹き飛ばし、日経平均は2万4000円に近づくかもしれません」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 第一生命経済研究所首席エコノミストの永浜利広氏は、日本がベスト16に進出した場合の経済効果を215億円規模とはじいた。国内のサッカー観戦やグッズ売り上げ、飲食費といった波及効果が大きいという。

 株式市場もベスト16を視野に入れている。

「1次リーグを突破すると、市場が関心を寄せる銘柄は微妙に変わってきます。これまでは日本代表の公式スポンサーや、サッカー用品を扱う企業が物色されましたが、今後はJリーグの盛り上がりを期待した動きとなるでしょう。たとえば、FW大迫やMF柴崎がかつて所属し、現在はDF昌子が活躍する鹿島アントラーズのスポンサー企業です」(ロータス投資研究所代表の中西文行氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る