対ロシアでトランプ弱腰 米有力議員と情報機関が非難反論

公開日: 更新日:

 フィンランドのヘルシンキで16日に行われた米国のトランプ大統領とロシアのプーチン大統領の首脳会談。会談後の共同記者会見で、トランプ大統領がプーチン大統領の主張を受け入れる形で、ロシアの2016年米大統領選挙への介入に否定的な見方を示したことに対し、米国内で非難・反論が相次いだ。

 この問題をめぐり、モラー特別検察官は13日、ロシア軍情報機関の職員12人の介入を認定し、起訴。野党民主党のシューマー上院院内総務は、米情報当局がロシアの介入を断定したにもかかわらず、トランプ大統領がプーチン大統領側に立ったことは「愚かだ」と非難した。

 身内の与党共和党からも批判が相次いだ。重鎮グラム上院議員が、トランプ大統領の姿勢はロシアから「米国の弱さの表れ」とみなされると指摘。マケイン上院議員も、トランプ大統領の共同記者会見での態度を「大統領による最も恥ずべき行いのひとつ」と糾弾した。

 また米情報機関を統括するコーツ国家情報長官は、「ロシアが16年の選挙に介入し、米国の民主制度を弱体化させる試みを継続しているのは明白だ」と強調。政府機関が大統領に“反論”する異例の事態となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る