有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年余、全国紙で経済記者。豊富な人脈を生かし取材・執筆中。「『ゴーン神話(マジック)』の終焉 日産を覆う不安の正体」(「月刊現代」2006年12月号)、「C・ゴーン『植民地・日産』の次の獲物(ターゲット)」(同09年1月号)などを執筆。「日産 独裁経営と権力抗争の末路――ゴーン・石原・川又・塩路の汚れた系譜」(さくら舎)を3月に上梓。

セブン&アイHD 鈴木天皇の辞任<上>幻となった社長更迭案

公開日: 更新日:

 セブン&アイ・ホールディングスの中興の祖であり、カリスマ経営者として名を馳せた鈴木敏文会長兼最高経営責任者(CEO)は2016年4月7日、取締役会を招集した。場所は東京・千代田区の本社9階の会議室。議題は、子会社セブン―イレブン・ジャパンの井阪隆一社長兼最高執行責任者(COO)を更迭する人事案だった。

 鈴木は、セブン―イレブン社長COOの井阪を退任させ、後任に、子飼いの古屋一樹取締役執行役副社長を昇格させる人事案を提出した。鈴木は、これまで人事を意のままに決めてきた超ワンマンである。取締役会を開けば、当然、自分の人事案が通ると思い込んでいた。あにはからんや、人事案は取締役15人のうち賛成7、反対6、棄権(白票)2という結果となり、可決に必要な過半数の賛成が得られず、否決された。「鉄の結束」を誇る鈴木体制が崩壊し、事実上のクーデターともいえる瞬間が訪れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  8. 8

    自民党稲田朋美氏 未婚ひとり親家庭の支援拡大から変化を

  9. 9

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  10. 10

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る