有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年間、全国紙で経済記者を務めた。経済・産業界での豊富な人脈を生かし、精力的な取材・執筆活動を続ける。7月に「社長争奪 ―世襲・派閥・策謀」(さくら舎)を上梓。

セブン&アイHD 鈴木天皇の辞任<上>幻となった社長更迭案

公開日:

 セブン&アイ・ホールディングスの中興の祖であり、カリスマ経営者として名を馳せた鈴木敏文会長兼最高経営責任者(CEO)は2016年4月7日、取締役会を招集した。場所は東京・千代田区の本社9階の会議室。議題は、子会社セブン―イレブン・ジャパンの井阪隆一社長兼最高執行責任者(COO)を更迭する人事案だった。

 鈴木は、セブン―イレブン社長COOの井阪を退任させ、後任に、子飼いの古屋一樹取締役執行役副社長を昇格させる人事案を提出した。鈴木は、これまで人事を意のままに決めてきた超ワンマンである。取締役会を開けば、当然、自分の人事案が通ると思い込んでいた。あにはからんや、人事案は取締役15人のうち賛成7、反対6、棄権(白票)2という結果となり、可決に必要な過半数の賛成が得られず、否決された。「鉄の結束」を誇る鈴木体制が崩壊し、事実上のクーデターともいえる瞬間が訪れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る