夫人と衝突が原因 トランプ大統領が首席補佐官また解任か

公開日: 更新日:

 米主要メディアは13日、複数の関係筋の話として、トランプ米大統領がケリー大統領首席補佐官の交代を検討していると報じた。

 人事を巡る問題でメラニア大統領夫人やその他のスタッフと衝突したことが原因だという。これまでもトランプ大統領との不仲説が絶えず、退任の観測が出ていた。

 後任にはペンス副大統領のニック・エアーズ首席補佐官の横すべりが浮上している。解任されれば、前任のプリーバス氏に続き、政権の要である首席補佐官の2度目の更迭となる。

 またトランプ大統領はニールセン国土安全保障長官の不法移民対策に不満を強めていて、早ければ週内にも解任が発表される可能性がある。

 ニールセン氏は、ケリー氏が国土安全保障長官から首席補佐官に就任するに当たり、その後任に指名された。

 一方、メラニア夫人の報道官は13日、夫人がボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の次官であるリカーデル氏の解任を要求していることを明らかにした。先月、夫人のアフリカ訪問を巡って衝突したことが原因だという。大統領夫人がここまで露骨に政権人事に介入するのは極めてまれだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    FA市場の大物が売れ残る背景…“格下”より低い金額を拒否

  9. 9

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  10. 10

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

もっと見る