トランプ大統領が商務長官解任か ロシア疑惑火消しに躍起

公開日: 更新日:

 トランプ米大統領がロシア疑惑の火消しに躍起になっている。CNBCテレビなど複数の現地メディアは9日(現地時間)、トランプがロス商務長官の解任を検討していると報じた。

 ロス氏はトランプ大統領の強硬な通商外交を支持し、忠実に実行する姿勢を示してきたが、昨年、タックスヘイブン(租税回避地)にある複数の法人を介して、ロシアのプーチン大統領に近いガス会社との取引で利益を得たなどの金銭疑惑が浮上。トランプは中間選挙で下院の主導権を握った民主党による疑惑追及を懸念しているという。

 後任候補には、トランプ大統領と親しい米プロレス団体ワールド・レスリング・エンターテインメントの元CEOで中小企業局長のリンダ・マクマホン氏の名前が挙がっている。

 トランプ大統領は中間選挙後の会見で、「選挙後の人事刷新はよくあること」と発言し、新たな閣僚人事を検討していると説明。大統領選中に駐米ロシア大使と接触していたことがバレたセッションズ司法長官を事実上クビにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る