米利上げ年内見送りで…「1ドル100円」超円高の危険サイン

公開日: 更新日:

 米FRB(連邦準備制度理事会)のパウエル議長が年内利上げの休止を示唆したことで、世界的な株高が出現した。

 NYダウは30日、一時500ドルを超す上昇を見せ、31日の日経平均は同じく300円超値上がりした。

「利上げ休止は借入金の金利負担が減るので、企業業績には追い風。今回、株価が上昇した要因のひとつです。ただ、米国の利上げ休止は日本にとってマイナスだということを忘れてはダメです。日米金利差の縮小が明確になるので、この先、円高傾向になる恐れが高いといえます」(市場関係者)

 31日の相場は円高方向に触れた。ただ70~80銭程度の振れ幅だったため、市場関係者はそれほど気に留めなかった。

「ジワリと円高が進行する危険サインが点灯したのは間違いありません。大手企業の想定為替レートの平均は108~109円です。この水準を超える円高になると、業績の下方修正ラッシュが起きかねません」(株式アナリストの黒岩泰氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る